目指せ着物男子!毎日着物を着ていた私が教える、男着物入門!【カジュアル・普段着編】

少し前から着物を着る男性のことを、着物男子と呼ぶことも多くなりました。
私がお店にいたときも、ほとんどのお客様が女性でしたが、年々男性のお客様も増えてきています。若い方から、ご年配の方まで様々な男性のお客様にご来店いただき、実際にお着物もお仕立ていただきました。

女性も男性も一番気軽に着物を着られる機会は、夏祭り・花火大会やビアガーデンに浴衣を着て行くことでしょう。では、それ以外で着物を着るって、何をどういう時に着たらいいの…とわからない方がほとんどだと思います。

フォーマルで着る場合とカジュアルで着る場合とに分かれますが、ご紹介したいと思います。

超カジュアルで普段着に着る場合

毎日、普段着として着物を着たいという方は、木綿やウール・ポリエステルの着物を着ると良いでしょう。
正絹の着物はお手入れがとても大変なため、毎日着るにはコストがかなりかかってしまいます。
木綿やウール・ポリエステル素材だと、お家で簡単にお手入れができますので、普段着に向きます。

木綿

素朴な味わいの綿素材の着物です。全国各地に産地があり、それぞれ風合いが異なります。有名なものでいうと、久留米絣、伊予絣、遠州木綿などがあります。

ちなみに絣(かすり)とは織りで表された柄のことです。

男性だと無地・縞・蚊絣などのシンプルな柄が好まれます。
綿素材なので、夏は浴衣として着ることができますが、きちんと着物として着る場合はカッチリと着ると格好がいいです。自分のサイズにお仕立てする場合は、縮むことを想定して身丈を3〜5cm長めにしてもらいましょう。水洗いするとどうしても縮んでしまい、つんつるてんで格好悪くなってしまいます。

木綿の着物はとても着心地がいい、超カジュアルな普段着です。裏地をつけない単衣の着物でも、袷の時期に着ることができます。
最近ではデニムの着物もあり、粋に着るならかなりおすすめな男着物です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

デニム着物&角帯セット
価格:7182円(税込、送料無料) (2018/8/29時点)

ウール

軽くて動きやすい、ウール素材の着物です。着物が日常着だった時代に爆発的に増え、次第に衰退していきました。昔からあるウール着物の場合、同じ生地で作られた羽織がセットになったアンサンブルの場合が多いです。

ウール素材の中でも生地が薄いものはサマーウールと呼ばれ、ゴワゴワせずとても着やすいですが、最近はあまり新品が出回っているところは見かけません。(そもそもウール100%の新品の反物が少ない)最近では、ウールに絹糸を織り交ぜたシルクウールなどが登場し、店頭で購入する場合こちらがおすすめです。

洗濯もできますが、気をつけないとフェルト化してしまいますので、丁寧に手洗い洗濯をしましょう。(コツがいります)
ウールの着物は虫がつくため、防虫剤の使用は必須です。また、絹の着物とは分けて保存しましょう。

ポリエステル

男性のプレタのポリエステル地の着物は、紬風になっているものもあり、女性のプレタの着物より安っぽく見えるものは少ないので意外と馬鹿にできません。(元の金額が違いますが)
しかし、店頭に並んでいる数自体はかなり少ないです。(呉服屋に足を運ぶお客様は女性がほとんどのため、男性向け商品は後回しになっちゃうからです…)

個人的におすすめなのが、ポリエステルの反物から羽織を作ってしまうことです。こちらも、店頭ではあまり見かけませんが、ネット通販ならいくらでも見つかります。男性が反物から仕立てる場合、キングサイズと言う、女性の反物の幅より幅広のものを選びましょう。理由は、男性の方が手が長く、反物の幅が足りないからです。(背が低い男性は、女性物からでも作れます。私がそうです。)

ポリエステルから羽織を作ると、汚れを気にしなくて済むし、ジャケット感覚で羽織れるから格好が付きます。私は、東レの絹に近づけて作られたポリエステル素材の”シルック”という反物から、江戸小紋の鮫柄を選び、男羽織に仕立てて着ています。これが、個人的にはスマッシュヒットで、普段着から、お出かけ、あまりかしこまらない友人の結婚式など、幅広く活躍しています。
(↓探しましたがキングサイズの鮫小紋が見つからなかったため、シルックのキングサイズの御召風です。)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

男物 東レシルック キングサイズ 御召風
価格:30240円(税込、送料無料) (2018/8/30時点)

着物を着てどこに行く?

普段着におすすめな着物の種類をご紹介しましたが、これらの着物はどこに着ていくの?という疑問にお答えします。
結論から言うと、洋服の普段着で行くようなところならどこでも着られます。
喫茶店に行ってもいいし、ランチや居酒屋に行ってもいいでしょう。ただお散歩するだけでもいいですね。私は、着物着て近所のスーパーに買い物しに行ってました。

気合を入れてお出かけするなら、博物館や美術館に来て行くのもおすすめです!まあ、気合い入れてのお出かけならば、正絹の御召や紬などが欲しくなってきちゃいますが(笑)

一人で着物を着るのがちょっとさみしかったら、恋人や友達を誘ってみましょう。難しいようでしたら、着物を着てのおでかけイベントに参加して見るのもいいですね。

着物は、着慣れていくと周りの視線など気にならなくなりますし、むしろ「着物かっこいい!」の目線で見られることのほうが多くなります。だらしない着姿では格好が付きませんので、着付けとコーディネートだけはキッチリしてくださいね。着付けやコーディネートについてもいずれ書きますので、よかったら参考にしてくださいね。

ランキング参加してます。いつもクリックいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です