目指せ着物男子!毎日着物を着ていた私が教える、男着物入門!【よそ行き・おしゃれ着編】

さて、前回は【男着物入門の普段着編】ということで、お家やその周辺できるような日常着にはどういうものが向くのか。ということを記事にしました。

男着物入門【普段着編】はこちら

まず、前提として、普段着とよそ行きの違いは何かと言うと、羽織の有無です。羽織は、洋服でいうとジャケットに当たるものです。1枚羽織るだけで、きちんとした印象にしてくれ、上品な着姿になります。

ちょっとしたお出かけには、普段着着物にも羽織さえ着ていればそれっぽく見えます。ただし、それも洋服で言う”Tシャツにジャケットを羽織ったようなイメージ”なので、ビシッと決めたいときにはあまり向きません。それでは、“いいとこ”へのお出かけに向く男着物には、どういったものがあるのかというのを、今回ご紹介したいと思います。このクラスの着物を持っていると、きもの好きが加速しちゃうような”織り”の着物です。

紬は日本全国に産地がある、織りの着物の代表格です。ざっくりとした風合いが特徴です。産地により風合いが異なり、一反一反、気の遠くなるような手作業で織られています。現在では織り手も少なくなり、希少価値がどんどん高くなっています。

紬の魅力はなんと言ってもその風合いです。着れば着るほどに肌に馴染むので、自分だけの着物に育て上げることができます。男性にとって非常に着やすい着物なので、1着は持っておくと何かと便利です。

紬には大きく分けて3種類あります。

真綿糸による紬(結城紬など)

真綿糸とは綿状の繭から手で糸を紡ぎ出した糸のことです。真綿糸から作られた紬は、一般的な紬のイメージのような、表面がザラザラした節のある素材感があります。普段遣いしやすい風合いです。

玉糸で織った紬(郡上紬・牛首紬など)

玉糸は、玉繭という2匹の蚕が入っていた繭から糸を紡いだもので、節がはっきりしていて、非常に丈夫です。
有名なのは石川県の牛首紬で、別名「釘抜き紬」と呼ばれ、打ち付けた釘に牛首紬を引っ掛けても破けず、逆に釘が抜けてしまうという謂れを持つほどです。適度に光沢感があります。

生糸で織った紬(大島紬・黄八丈など)

生糸は繭から直接引いた糸のことで、一般的なシルク素材でイメージされる滑らかさと光沢感を持ちます。生糸で織った紬は主に平織りで織られ、軽くてしなやかなのが特徴です。

女性で紬というと完全に街着扱いですが、男性の場合は羽織袴姿で略礼装扱いとしても着られます。羽織姿だと、よそ行きやおしゃれ着として最適です。
絹素材なので、お家でのお手入れはできません。専門のお手入れに出しましょう。

ネットだとこんなに安くであるんですね…実店舗で買うと2〜3倍の値段付きます…

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【男着物専門店】西陣紬フルセット
価格:141750円(税込、送料無料) (2018/8/31時点)

御召

御召とは、御召縮緬の略称です。徳川11代将軍の家斉が好んでお召しになったことから、そう呼ばれるようになりました。そのような背景があるため、御召は男性の着物の中で、黒紋付などの羽二重地を除き、一番格が高い着物になります。

御召は先染めの着物でありながら、礼装にも着られる着物です。男性は、御召に羽織袴で略礼装となります。

縮緬と同様に生糸に撚りをかけた緯糸(よこいと)を使用しますが、御召は更に強い撚りをかけた強撚糸を使用しているため、独特のシャリ感と光沢感があり、とても高級感があります。

縞御召・絣御召・無地御召・紋御召・風通御召・絵緯御召・縫取御召などの種類がありますが、慣れてくると手触りで御召とそれ以外の見分けは付きます。

御召は着痩せして見える着物でもあります。体に添いやすく、だらつかずにスッキリと着ることができます。痩せて見える着物とは、ハリ感とタレ感のバランスが大事です。大島紬のようにハリ感が強いものは角ばって見えますし、柔らかな染めものは体のラインを顕にしてします。着付けに慣れていない初心者の方や、痩せてみられたい方もかっこよく着ることができる着物です。

そんな御召の弱点は水に弱いことです。縮緬や御召などの強撚糸を使う生地は、水に濡れると縮んでしまいます。したがって汗にも弱いため、着終わったらすぐに、ハンガーに掛け水分を飛ばし、専門のお手入れに出しましょう。

参考程度に、御召には遠目から見てもわかるような光沢感があります。

まとめ

男性の場合は紬・御召のどちらかの着物と、羽織を持ってさえいればバッチリです。
基本的には紬はアンサンブル(同生地から作られた着物と羽織のセット)が多いです。
御召は着物も羽織も異なる反物から仕立てるほうがおしゃれです。

個人的には、御召のほうが好みです。本塩沢を、単衣で仕立てると、めちゃめちゃ着心地が良くて最高ですよ!(単衣・袷についてもきちんと説明しないといけませんね…)

ランキング参加してます。いつもクリックいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です