【西郷どんで人気急上昇】大島紬についてもっと知りたい!

大河ドラマの影響もあって昔からの超ロングセラーの大島紬に再び注目が集まっています。大島紬というと高い!というイメージが先行していますが、大島紬のことを知れば知るほど、「ああ、高いのも納得」と思えるほど貴重なものなんです。

そんな大島紬とはどういうものなのか記事にしたいと思います。

大島紬ってどういうもの?

大島紬について

大島紬とは、鹿児島県の奄美大島と鹿児島市周辺、宮崎県都城市で作られている平織りの絹織物です。

  • 【本場奄美大島紬】鹿児島県の奄美大島で作られている大島紬
  • 本場大島紬】鹿児島や宮崎で作られている大島紬

という風に分類されます。

 

1500年の歴史があると言われている大島紬ですが、薩摩藩への上納品として盛んになりました。その当時は紬糸(繭から手で紡ぎ出した糸)が用いられていたそうです。

現在では“紬”と名前についていますが、経糸にも緯糸にも生糸が使われています。元々は結城紬などと同じように紬糸が使用されていた名残から「大島紬」という名前が残っています。

大島紬の定義・特徴

  • 絹100%である
  • 先染め手織りである
  • 平織りである
  • 締機の手作業で絣を加工すること
  • 手作業で絣合わせして製織

以上が各産地共通の定義です。ただし、縞や格子・染めの下地に限っては機械織りもあります。

大島紬は撚りを弱くかけた本練絹撚糸を使用します。また、テーチ木と泥染めで、糸を叩いてねじることを繰り返し、泥の微粒子を巻き込むことで大島紬の特徴である薄手で、光沢があり、しなやかな手触りの生地が生まれます。

大島紬には伝統的なテーチ木と泥染めによる泥大島、藍とテーチ木染め・泥染めを行う泥藍大島、地色を染めない白大島、化学染料を使った色大島などがあり、最近ではテーチ木以外の草木染や泥染めと草木染による草木泥大島などもあります。

大島紬自体の生産量は年々減っているため、どれもとても貴重です。

【一番ややこしい】「片ス」「一元」「マルキ」って何?

これらの言葉は大島紬でしか聞かないため、知らない方・あやふやな方が多いと思います。実物を目にした時に「これがそうか!」とわかるようになると“大島紬通”ですね!

糸の配列方法「片ス」「一元」

片ス」「一元」は絣糸(模様を出す糸)と地糸(模様を出さない糸)の配列方法です。「片ス」は絣糸1本に地糸2、3本で構成し、絣模様が【Tの字】に見えます。

「一元」は絣糸も地糸も2本ずつで構成され、【風車のような十字形】に見えます。「一元」の方が柄がはっきりと見えますが、技術が必要なため比較的高価です。元々は、「一元」が主流だったそうですが、現在の大島紬は「片ス」が一般的です。

絣糸の本数を表す「マルキ」

絣を作る際、経糸、緯糸のそれぞれに含まれる絣糸の本数の単位が「マルキ」です。5マルキ、7マルキ、9マルキ、12マルキに分類され、1マルキは絣糸80本です。現在多く出回っている7マルキの反物だと、絣糸が560本使われている計算になります。

マルキ数が多いほど、柄が細かく表現できますが、絣あわせが難しくなるので、それだけ高価になります。

大島紬の製作工程

大島紬の製作期間は6ヶ月以上!工程は60以上!

大島紬の製作工程は全部で60以上にも上ります。それらを大きく分けて、以下の工程があることを覚えておくといいかもしれません。

図案 → 整経・糊張り → 締機による絣締め → 染色 → 加工 → 高機による機織り → 検査

図案

絣模様を点描のように図案に起こします。現在ではデジタル化してパソコンでの作業が主ですが、それ以前は方眼紙に黙々と点を打っていたそうです。

大島紬作りの骨組みとなる大事な作業で、出来上がりを予測しながら作業しなければなりません。1点でも間違うと目立ってしまうため、とても神経を使う作業です。

整経・糊張り

大島紬の工程の大きな特徴は、締機で絣作りを行うことです。そのために、必要な本数の糸を揃えて、整経し糊で固めることを数回に分けて行います。

同じ絣模様になる糸を12本ずつ括り、糊付けして天日干しします。

締機による絣締め

大島紬製作の最大の特徴である締機を用いた絣作りです。経糸に木綿糸を使い、糊貼りした糸を緯糸として、図案通りに織っていきます。締機を用いるので、絣がしっかりと防染されます。

締機の操作には力がいるので昔から男性の仕事とされてきました。

染色

まずは、伐採したテーチ木から染液を作ります。タンニン酸を含んだ茶褐色の染料に糸や絣糸を入れ、約30回染めます。その後、泥田につけて揉み込むという工程を3~5回程度繰り返します。

するとテーチ木のタンニン酸が泥田の鉄分と反応して、赤茶色が黒褐色になります。染色後、乾燥させて解きます。

加工

大島紬の工程の中で一番多いのがこの工程で、織りに入る前の糸を加工する作業です。

染料を刷り込む「色差し」、色差し後に締めた糸を解く「目破り」、色を指した後に、締めた糸を取り除いていく「絣全解」織り機にセットするために絣を揃えながら板に巻き込む「板巻」など実に多くの工程があります。

高機による機織り

「大島紬は2度織る」とも言われますが、これは締機でも高機でも織るからです。

高機による織りが仕上げの織りです。織りで生じるズレを針で調節しながら、高機で織り上げます。はじめて、絣が鮮明に浮かび上がります。柄の細かいものは、1日10cm程度しか織り進まない場合もあります。

高機による機織りは細かな作業が得意な女性の仕事とされてきました。

検査

厳しい検査を受け、合格したものだけに証紙が発行されています。産地により証紙が異なり、それにより判別が可能です。

大島紬の証紙による産地・特徴の判別

鹿児島県奄美大島

泥染めで、経緯絣が中心。本場奄美大島紬協同組合が発行する「地球儀マーク」の証紙が付きます。機械染めの場合は「機球技マーク」に「奄美産地」と書かれた金の証紙になります。

鹿児島市

泥田の環境が限られるため、色大島や白大島が多くなります。本場大島紬織物協同組合が発行する証紙は青色の台紙に「旗印」です。機械織りの場合は黄色の台紙に「旗印」の証紙となります。

宮崎県都城市

生産数が少なく、草木染と色大島がほとんどです。都城絹織物事業協同組合が発行する「鶴印」の証紙となります。

大島紬はいつ着るの?

高価な大島紬ですが、”紬”であるため、普段着としての着用シーンが主です。風合いがよく、軽くて柔らかなため、ちょっとしたお出かけや、旅行などに最適です。

普段着だからこそ、帯や小物のコーディネートの楽しみも尽きず、その人のセンスがはっきりと出る着物です。大島紬を着ている人を見かけたら、着物だけじゃなくてそういったところを褒めてあげると喜ばれますよ。

中には、大島の訪問着などもあり、フォーマルに向くものもありますが、それは本当に一部の話です。

まとめ

大島紬が高価で貴重なのは、独自の高い技術と工程の多さ、そして泥田のある限られた地域でしか作ることができないと言うところから来ています。作り手さんも高齢化が進み、全く生産されなくなる日も遠くないかもしれません。

大島紬の作り手さんから話を聞くと、締機による作業と泥田による染色が力がいるため、とにかくきついこと。細かい作業が多いため、歳を取ると目が見えなくなってきて作業にならないことで廃業されるところが多いのだとか。

ちなみに白大島が貴重なのは「白が目に眩しくて作りたくない」といった理由なんだそうですよ(笑)

ランキング参加してます。いつもクリックいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
スポンサーリンク














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です