【これで安心!着物の種類】いざ!という時に知っておきたいフォーマル編【結婚式・入卒関係】

着物ってたくさん種類があるし、いろいろ決まり事が多くて非常にわかりにくいですよね…
最近では、着物警察なる方々も登場して、ますます着物に苦手意識がある方も多いはずです。

まずは、フォーマルな着物のことを少し覚えておくと、いざというときに役に立ちますよ!
結婚式やパーティーなどのお呼ばれや、子供の入卒関係・七五三など、着物姿が増えてくれるととても嬉しいです。

黒留袖

黒留袖は、結婚式や披露宴で、新郎新婦の母親・新郎新婦の姉妹・仲人の奥様など、新郎新婦に近い関係者が着る既婚女性の第一礼装です。

ほとんどが「一越ちりめん」という生地で織られ、裾周りにのみ、豪華な絵羽模様が広がります。背・両肩・両胸の5箇所に実家もしくは、婚家の正式な紋を、最も正式な「染め抜き日向紋」で入れます。

帯は、袋帯の中でも最も格式が高い、金・銀・白の地色に吉祥文様や有職文様が織られた重厚感のある袋帯を締めます。長襦袢や半衿・帯締め・帯揚げ・足袋は必ず、白にします。草履バッグは、金・銀で豪華なものを合わせましょう。

色留袖

色留袖は、既婚・未婚関係なく着られる、裾周りにのみ絵羽文様が描かれた着物で、
紋の数により、礼装にも準礼装にもなる、少々難しい着物です。

5つ紋で比翼仕立てにすると、黒留袖と同格となり、黒留袖に準じた帯・小物を合わせます。
最近では、着用の幅を広げるため、3つ紋や1つ紋を入れ、準礼装として着られることも多くなってきています。

準礼装の場合には比翼仕立てにはせず、重ね衿をあわせます。小物は品の良い、淡い色の小物を選びましょう。

振袖

未婚の女性の第一礼装です。
振袖は、袖丈の長さにより種類が分かれますが、現在出回っているものはほとんど本振袖(大振袖)です。
成人式のイメージが強いですが、結婚式などに着ていくと、華やかで大変喜ばれますよ。

ちなみに、振袖の袖を留める(短くする)と留袖になりますが、今風のデザインの振袖は柄が多いので、ほとんどが訪問着扱いとなります。

そもそも、おすすめをしませんが、振袖の袖を短くする場合、絶対に切ってはいけません!
切ってしまうと元には戻せませんが、袖を折って直しこむように仕立てかえると、また振袖として仕立て直すことができます。(折れ部分で色焼けするので、お直しは必須)

訪問着

結婚式やパーティーなどのお呼ばれのときに来ていく着物です。
留め袖の次に格が高く、メインの柄として、裾周り・左の内袖・右の外袖・胸につながった絵羽模様が描かれています。

後に出てくる附下げと似たような柄付なので、シンプルな訪問着とは見分けがつきにくいのですが、背縫いで柄がつながっているもの、胸の模様が衿と繋がっているものが訪問着です。

結婚式などの改まった場では、重厚感のある金・銀・白地の袋帯を締め、小物も上品な淡い色のものを合わせます。

パーティーなどで、華やかに着る場合には、お好みの袋帯や帯締め、帯揚げなどで、豪華に装いましょう。
地域により紋を入れるところがありますが、基本的には入れません。

附下

附下げは華やかな着物が禁止された第二次世界大戦中に、訪問着を簡略化させ生まれた着物です。裾周り・左の内袖・右の外袖・胸に柄があり、全て上を向いています。

最近ではかなり豪華な附下げもあり、訪問着と見分けがつかないものも多くあります。
これは、ぶっちゃけますと訪問着としてデザインして売ると、値段が高くなって売れないからです。基本的に同じ工房・作家の訪問着と附下げの値段付けには、ウン十万の差があります。
訪問着>豪華な附下げ>シンプルな附下げと価格調整されている感じですかね…あまり大きな声では言えませんが(笑)

売る側にもいろいろ都合がありますが、着る側もかなり勝手が良い着物です。
帯や小物次第で、訪問着のように結婚式から、小紋のようにお出かけ着まで幅広く着ることができるので、最初の1枚にはもってこいの着物です。

色無地

白生地から一色に染めた無地の着物で、地紋が入っているのものも、入っていないものもあります。

色により慶弔両用でき、また紋の数で着用の幅が広がるのが特徴で、紋があれば紋無しの訪問着より格上に、紋がなければおしゃれ着感覚で着ることができます。

紋を入れない、もしくは一つ紋を入れ、帯により格調を整えることが最近のトレンドのようです。
昔と違い、厳密にこうじゃないといけない!ということもありませんからオッケーだと思います
色無地は、お茶をされる方に好まれているイメージです。

小紋

型染めなどで、繰り返し同じ模様が繰り返された染めの着物で、帯次第で、フォーマルにもカジュアルにも着られる着物です。

飛び柄の小紋に名古屋帯を合わせるとカジュアルに、吉祥文様や有職文様などの小紋に、格が高い袋帯を締めると結婚式(平服指定の友人の結婚式など、あまりかしこまった場ではない)に着ることができます。

使い勝手がよく、おしゃれしがいのある着物ですので、いろいろなデザインがあり人気な種類の着物です。

江戸小紋

小紋の中でも遠目で見ると無地に見えるような、繊細な細かい柄が全体に施された着物です。もともとは武士の裃(かみしも)に用いられていました。豪華に着飾ることができない武士の、精一杯のおしゃれとして生まれた柄です。

鮫・行儀・角通しは「江戸小紋三役」と呼ばれ、江戸小紋の中でも最も格が高い柄となります。
続いて菊菱や大小あられなど、格が高い柄もあれば、今風のデザインの柄まである個人的には一番好きな着物です。(私が男性だからでしょうか)
別枠で記事にしたいほど、語りたいことが山程あります。

江戸小紋は、紋や帯次第で着ていく幅が広がる使い勝手の良い着物です。礼装用の帯を締めると、色無地ライクに結婚式やパーティーに、名古屋帯などを締めるとカジュアルに着ていくことができます。

フォーマル着物まとめ

ざっくり簡単にまとめると、
身内の結婚式には留袖
お呼ばれのパーティには訪問着・附下げ
小紋・色無地は帯によって格が変わると覚えておくといいです。
もっと、よく知りたいという方は、詳しく書いてある本など見てみてくださいね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

着物の事典 伝統を知り、今様に着る [ 大久保信子 ]
価格:2052円(税込、送料無料) (2018/8/29時点)

ランキング参加してます。いつもクリックいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です