【これで安心!着物の種類】着物を気軽に楽しむカジュアル編【街着・お出かけ】

結婚式などの、ちゃんとした場では着物を着るけど、普段にはあまり着ないという方結構いらっしゃいます。

フォーマルな着物より、カジュアルな着物のほうが、より着物の奥深さを楽しむことができます!
全部を覚える必要はありませんが、知っておくといずれ役に立ちますよ。

小紋

小紋はちょっとしたお出かけに重宝します。
小紋にも柄は様々で、友禅染めの総柄の小紋や古典柄はよそゆきとして、幾何学模様や遊び心のある柄はオシャレ着として着ることができます。判断に迷う柄は、帯で調節をします。

街着で着る場合には、名古屋帯を合わせましょう。派手な小紋にはシンプルな飛び柄の帯、オトナな感じで着たい場合には博多帯など、色々なオシャレが楽しめる着物です。

江戸小紋

元は、武士の裃(かみしも)に用いられた柄が、江戸時代中期以降に、町人や女性の着物として人気になった着物です。

遠くから見ると無地に見えるほど細かい柄が特徴で、鮫・行儀・角通しなど、フォーマルに向く柄から、富士山と茄子柄の初夢や、文字を意匠化した柄など遊び心のある柄が多数あります。

江戸っ子の洒落っ気のあるユーモアを楽しむ着物です。コーディネートも粋な感じでまとめたいですね。街着として着る場合には、名古屋帯を合わせましょう。

御召

御召とは、御召縮緬の略称です。徳川11代将軍の家斉が好んでお召しになったことから、そう呼ばれるようになりました。

縮緬は生糸に撚りをかけた緯糸(よこいと)を使用しますが、御召は更に強い撚りをかけた強撚糸を使用しているため、独特のシャリ感があります。

紬と同様に、先染めの織りの着物です。生糸を使用しているため、紬より軽い着心地で、織りの着物の中で一番格が高いとされています。

独特のシャリ感のため、裾捌きがよく、とても着やすい着物です。
華やかな小紋と比べると少々地味ですが、御召は粋な感じで着るととてもかっこいいですよ。

紬は日本全国に産地がある、織りの着物の代表格です。元々は生糸にならない、くず繭を使って織られた庶民の着物でした。

産地により風合いが異なり、一反一反、気の遠くなるような手作業で織られています。現在では織り手も少なくなり、希少価値がどんどん高くなっています。
有名な結城紬や、大島紬・牛首紬などファンを魅了する着物が沢山あります。

例外として、紬の訪問着などもありますが、どれだけ高価でも、紬は街着ですので、お食事や美術館などのお出かけ着に着ましょう。

木綿

素朴な味わいの綿素材の着物です。全国各地に産地があり、それぞれ風合いが異なります。有名なものでいうと、久留米絣、伊予絣、遠州木綿などがあります。

ちなみに絣(かすり)とは織りで表された柄のことです。

木綿の着物はとても着心地がいい、超カジュアルな普段着です。
裏地をつけない単衣の着物でも、袷の時期に着ることができます。
冬は普段着として、夏は浴衣として着られるので、本当に1年中着ることができます。お手入れも簡単で、お家で気軽にお洗濯できます。

帯は、名古屋帯や半幅帯を合わせて、カジュアルな着こなしを楽しんでください。

ウール

軽くて動きやすい、ウール素材の着物です。
お手入れも簡単で、お家でお手入れができます。(多少のコツがいります)着物が日常着だった時代に爆発的に増え、次第に衰退していきました。

最近では、ウールに絹糸を織り交ぜたシルクウールなども登場し、新たな街着として、注目されています。

上品に着るなら名古屋帯、気軽に着るなら半幅帯を合わせましょう。

ウールの着物は虫がつくため、防虫剤の使用は必須です。
また、絹の着物とは分けて保存しましょう。

化繊

最近多くなってきている、ポリエステルなどの素材の着物です。
プレタの着物(仕立てる必要がない既製品の着物)のほとんどがポリエステルで、お家で気軽にお洗濯できます。洗濯機の場合は畳んでネットに入れ、手洗いモードで、脱水は30秒ほどにしましょう。

化繊の着物の中でも、小紋や訪問着などさまざまな周囲がありますが、その場合は各着物の種類に合わせた帯を合わせましょう。

街着の場合は、同じくポリエステルの半幅帯などを合わせて、汚れを気にせず気軽に着物を楽しみましょう。

カジュアルな着物まとめ

カジュアルな着物の中でも小紋・江戸小紋・お召・紬あたりは、名古屋帯に白足袋をあわせることで、カジュアルな場でも、ちょっと気合を入れたお出かけ等に着ていけます。

ウール・木綿・一部化繊などは、普段着の超カジュアル着物であるということを覚えておきましょう。

もっと、よく知りたいという方は、詳しく書いてある本など見てみてくださいね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

着物の事典 伝統を知り、今様に着る [ 大久保信子 ]
価格:2052円(税込、送料無料) (2018/8/29時点)

ランキング参加してます。いつもクリックいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です